組織

ウルトラファクトリー/ ULTRA FACTORY

2008年6月、京都造形芸術大学に新設された金属加工および樹脂成型を扱う工房と、木材加工を扱う工房の二つから構成される立体専門工房。技術力/思考力の向上を目的とした類例のない特殊教育を実施。さまざまな実践型プロジェクトを通して、芸術家の創造性と美意識、職人が持つ技術上の熟練と制作に対する情熱とをあわせ持ち、社会的自覚を持って行動できる人材の育成をめざす。その活動の中心となるのは、第一線で活躍するアーティストやデザイナーを迎えてのプロジェクト型実践授業[ULTRA PROJECT]。2008年度は現代美術家・ヤノベケンジがプロデューサーとして、学生と共にプロジェクトを展開する。また、専門性領域を横断的に活動することで新たなデザインを研究/発見する [CRITICAL DESIGN LAB.]では、思考するデザイナーを育成。ファクトリー内での制作活動の裏側/周辺で起こる出来事を創り手とともに企て、社会へと発信する[ULTRA FACTORY PRESS]では、広報戦略/観客創造/アーカイヴを独自の視点で展開。ウルトラファクトリーは、創造的な思考と研究の場であり、また実験的な構想を実現する工房として機能している。

Synopsis : ULTRA FACTORY

ULTRA FACTORY is a workshop containing metal, resin and wood wokshop. It introduces unique educational programmes to improve technical and conceptual abilities of the students involved. Through various practical projects, ULTRA FACTORY aims to promote students with creativity and aesthetics of an artist as well as techniques and affection of a craftsman. It also aims to promote students with social awareness.

At the centre of ULTRA FACTORY situates Ultra Project, an apprenticeship-based practical project with invited first-class artists and designers. In 2008, ULTRA FACTORY invites the artist, Kenji Yanobe, as a producer to work on his project with selected students.

Another branch of ULTRA FACTORY is Critical Design Lab., an inter-disciplinary design research laboratory, to study and explore new designs.
Ultra Factory also contains Ultra Factory Press to disseminate events behind works in progress to the public. It serves as an agency to come up with advertising strategies, ways of attracting visitors and archives.
Therefore ULTRA FACTORY is a place for the creative mind to think, research, and realize experimental ideas.

ページの先頭へ

■ About