Ami Inoue

works_inoue_3%e3%80%80%e5%b0%8f

works_inoue_1

works_inoue_2

works_inoue_4

works_inoue_5

 

井上  亜美     Ami Inoue

 

1991年 宮城生まれ

2014年 京都造形芸術大学 芸術学部 こども芸術学科 こども芸術コース 卒業

2016年 東京藝術大学大学院 映像研究科 修士課程 メディア映像専攻 修了

現在、京都在住

1991年生まれ、宮城県丸森で育つ。在学中に狩猟をはじめる。猟師として生活する傍ら、狩猟の現場でつぎつぎに起こる出来事をエスノグラフィックな視点で見つめ、自身が出演・演出する手法で映像作品を制作している。作品に、都会で暮らす猟師の奇妙な生活を描いた「猟師の生活(2016)」、震災後に猟をやめた祖父を追った「じいちゃんとわたしの共通言語(2016)」などがある。現在、第5期HAPSスタジオ使用者として京都市在住。

[展覧会歴]

2014年 『京都造形芸術大学卒業制作展』 京都造形芸術大学/京都

『はじまりの部屋』 康耀堂美術館/長野

2015年 『OPEN STUDIO 2015』  東京藝術大学新港校舎/横浜

2016年 『MEDIA PRACTICE 15-16』  東京藝術大学新港校舎/横浜

『山の上の映像食堂』  ヴィラ九条山/京都

[受賞歴]

2014年 『2013年度京都造形芸術大学卒業制作展』 瓜生山賞、Student Prize

散弾銃の免許を取得した作家が、実際の猪猟をする映像や皮を子供たちに見せて、猪の想像図を描いてもらう「授業」の形式をとった映像作品。野生の猪は、現代の日本においては数少ない猟の対象である。しかし、東日本大震災、福島第一原発事故以降、原発周辺地域では野生の猪も被曝し、食料にはならなくなっている。食物連鎖のチェーンから外れた生物は、異なる生態系を築く。福島の帰宅困難地域では猪と家畜の豚が交配し「イノブタ」と誕生している。子供たちの描いた野生の猪は、想像の中で交配され、時にイノブタに似たり、まったく異なる生物となって新たな生態系を作り出す。

 

Further Projects